スポーツジム代を医療費控除にする方法  ハードルは運動処方箋

こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

「スポーツジム代を医療費控除にする方法」を

書いています。

まず、かかりつけ医で

「運動処方箋」を

もらいましょう。

サラッと文章で書くと簡単です(@。@)

すべてはここから始まるのですが

この「運動処方箋」をもらうことが

高いハードルになっている気がするのです(TT)

かかりつけ医が

「日本医師会認定健康スポーツ医」で

この制度を知っているなら

スムーズに事が運ぶかもしれません。

でも、そうでなかった場合どうなるか・・・

わからない時は

聞いてみる!

ってなわけで

シエスタの近くの病院に問い合わせてみました。

この病院は内科、整形外科標榜で

医師のプロフィールにはスポーツ医と書かれています

ちなみに

スポーツ医も三種類あるそうで

「日本医師会認定健康スポーツ医」

「日本整形外科学会認定スポーツ医」

「日本体育協会公認スポーツドクター」

この先生は整形外科学会のスポーツ医かも・・・

と思いつつ問い合わせてみると

医師のプロフィールにスポーツ医とありますが

運動処方箋を出していただくことは可能でしょうか?

「はぁ?」

窓口ではこんな反応が返ってきたりします(><)

そもそも、この制度の認知度が低いため

「なんですか?それ、何に使うんですか?」

と聞かれたりしますので

「運動型健康増進施設に提出して利用したい」

「厚生労働省で認められている制度なので」

などなど理由を

こまごまと説明します(・・;)

しばらく待っていると

「まず、受診して健康診断を受けてもらいます

健康診断は自費なので15000円ほどかかります

運動処方箋はそれから作ります」

との答えが返ってきました。

次に

「日本医師会認定健康スポーツ医」のいる病院に

問い合わせしてみると

「まず、受診してもらってから先生に相談してください

書式があればお持ちください」とのこと。

つまり何もない状態から書類を出すと少し料金がお高くて

書式に記入する形だと少し料金がお安い。

文書料の類は病院によって値段がまちまちなので

確認しないといけませんね。

どちらにしても

かかりつけ医の先生以外に

運動処方箋を書いていただく場合

運動が必要なのかどうなのか

何も情報がないので

一度受診しないといけないわけです。

このあたりについては

シエスタのご近所の施設

「立川市泉体育館」でも

11月くらいから

問い合わせに対して

お返事できるように準備中だそうです。

結局「運動処方箋」もらうのに

お金かかるじゃん

健康状態をチェックしてもらうにも

受診が必要だし~

そうゆう意見もありますよね。

要はどこにお金をかけるか?!

なんですが

改善、予防のためにお金をかけて

自助努力をするのか。

病気になってから受診、投薬のため

お金を払うのか。

考え方は人それぞれですよね。

面倒くさいし

運動嫌いだし

それでもハードルを越えてみたい(^^)

そんな人のために

新しい情報が入ったら

またブログでご紹介していきたいと

思ってま~す。

東京都東大和市の整骨院・整体 シエスタ 院長 井上由紀恵

お知らせ, 自分の体は自分で守るカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です