おっぱいのお話

こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

シエスタは女性のための

女性専門整体・整骨院なので

院内では

ぶっちゃけトークが渦巻いております(笑)

ブラジャーのお話をしたので

中身のお話もしてみましょうか(#^^#)

ある日のこと

ご贔屓さんから

「おっぱいが下向いちゃうのよね~」と

こんな突然の衝撃発言も

シエスタではよくある話なんです( *´艸`)

ここで

歳だからしょうがないわよね~

と言ってしまったら

ただの茶飲み話で終わってしまうのですが

シエスタのモットーは

「すべての女性を健康に美しく」

なので真剣にお答えします(^^)/

まず猫背はダメね

背中が丸まっていたら

おっぱいの位置は下がっちゃう

まずは骨格矯正と姿勢矯正!

更に肩が前に出ていると

横から見たときに

おっぱいが隠れて綺麗なラインが見えないの(TT)

これは肩甲骨を背骨に近づけて

胸を開くようにすることで解消されます。

そのためには肩甲骨周りの筋肉が

良く動くように緩めてあげましょう♪

そしておっぱいの土台となる

大胸筋も鍛えてね。

簡単に言うと筋肉の上に

乳腺と脂肪の塊が乗っかって

おっぱいが完成するので

土台がないと垂れて見えます。

ここまでは自力で何とかする方法

なんだけど((+_+))

プッチンぷりんは20代まで

40代はとろけるプリン

ってゆうじゃない(;´・ω・)

60代、70代はどうなっちゃうの?

これは気が付いたら

いち早く

できれば

若い時から

サイズの合ったブラジャーで

保護してあげること

「クーパー靭帯が伸びるとおっぱいが垂れる」って

聞いたことありませんか?

おっぱいを支えている靭帯なんだけど

そもそも靭帯って一回伸びちゃうと

なかなか縮めるのは難しい組織だから

伸びきらないように

保護してあげるのがいいと思うの(*^^*)

下からしっかり支えてくれるブラジャーが

いいのかなぁ~?とも思うけど

ワイヤーや締め付けの刺激が強いと

皮膚の色素沈着に繋がると思うし

中高年以降は皮膚が乾燥しやすいから

かゆくなったり、かぶれたり

素材選びも大事ですよね。

テレビCMでは

比較的若い女性がモデルになってますわよね

下着売り場では

オバちゃん向けのコーナーは

明らかに色味が違うんだよね~(-_-;)

もちっと

オバちゃんのおっぱいが

綺麗にしかも快適になるブラジャーを

メーカーさんが力入れて開発してくれたら

嬉しいんだけどな~♡

2020年には日本女性の

2人に1人は50歳以上になるわけよ

オバちゃんの時代到来なんだから

もう歳だから~なんて言ってられない

いつまでも健康に美しく

魅力的な女性を目指しましょ(^_-)-☆

東京都東大和市の整骨院・整体 シエスタ 院長 井上由紀恵

お知らせ, シエスタセレクトカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください