ギックリ腰を自分で治すの巻き 始まり

こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです。

今回のギックリ腰はかがんでお風呂掃除をしていたり

腰を丸めて庭の草むしりをしていて立ち上がろうとした時に

ピキッとなったタイプです。

最初はそんなに痛くない、重症じゃない感じの痛みですが

対処法を間違えるとあとでモーレツに痛くなります

安静にしてれば1週間くらいで動けるようになるんじゃないかな?

とはいえ、1週間アイタタ~って辛いですもんね

自分でなんとかできるなら、なんとかしたいですよね

アタクシの場合、かがんでトイレの床を拭いていたんです

で、起き上がろうとした時に左の腰にピキッときたんです

ここで絶対やってはいけないことは立ち上がって腰を反らせて

コンコン拳骨で叩いたり腰をグルグル回すこと

これをやると後で腰が強張ってきて痛みが強くなります。

更に温めれば良くなるだろうとお風呂に入ると

翌日に動けなくなるほどの激痛になることもあります

ピキッときたら、まず最初は起き上がらない

その場で腰を丸めてうずくまってください

そして丸まった姿勢で腰に痛みがないことを確認してください

そのまま1~1分半の間じっとしていてください

揺すったり、反動をつけてはいけません

1分半痛みが出なかったら、ゆっくりゆっくり恐る恐る

上体を起こしてゆきます

この時に痛みが出ないで真っ直ぐ起き上がることができたら

ギックリ腰を回避できた可能性が高いです

おめでと~♪

でも、上体を起こしていく途中でピキッと

痛みが走ったら「やっぱり、やっちまったぁ~」と思ってください

今回のアタクシはこっちのパターン

それでも、諦めきれずに

「しばらく丸まってじっとしてから起き上がってみる」

これを2回やってみましたけどダメでした

腰を痛めていることが決定・・・トホホ

では、どうするか

ここから自分で治す!が始まります(笑)

東京東大和市の整骨院・整体 シエスタ 院長 井上由紀恵

 

お知らせカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください