地球修理人

こんにちは、東大和市女性向け整骨院シエスタです

7月の終わりに

とある

出版記念対談があると

SNSで情報を拾ったので

東京農大まで

マイファームの

仲間たちと一緒に

行ってきました(#^.^#)

「中洞式山地酪農の教科書」の

出版記念イベント

だったんですが

いやいや

アタシ

土地持ちじゃないし

東京で

牛さん飼えないし( *´艸`)

お目当ては

対談のお相手

青森の

「奇跡のリンゴ」で有名な

木村秋則さん

無農薬無肥料

自然栽培で

知られてる人なので

マイファームの

お仲間も興味があるかと

お誘いしたんですが

実は

アタシが

木村さんに

興味を持ったのは

UFOにさらわれたり

龍に会ったり

している人だから( *´艸`)

あなたの知らない

不思議な世界(笑)

またしても

正面

王道ではなく

斜めからいっちゃう(*‘ω‘ *)

スピリチュアル魂

爆裂です(´艸`*)

すごいオーラが

ある人だって

本にも書いてあったから

ぜひ一度

お姿を見てみたいと

思ったわけですよ

んで

実際は

普通の

というか

本の表紙のままの

人なんですが

なんだろう(?_?)

声なのか

間なのか

すごくビリビリ

くるものを感じ

なんというか

焦りとか

怒りじゃなくて

熱意とか

真剣な

エネルギーみたいなものを

感じたんですけど

この人は

やっぱり

ちょっと違うかも(◎_◎;)

そんな風に思いました


▲会場で思わず購入(●´ω`●)

対談の中身は

牛の育て方とか

テクニックの話じゃなくて

山地酪農に

たどり着くまでの

お話や

山地酪農が

何故いいのか

(簡単に言うと

動物を虐待しないから)

無農薬

自然栽培が

何故

大切なのかという

基本的な

考え方でのお話で

そぉかぁ~

そぉなのかぁ~

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

胸にズンと

くるものがありました

木村さんは

ご自分のことを

「地球修理人」と

言ってたけど

アタシはまだ

地球を壊してる側の

人間かもしれないなぁ(~_~;)

人間は地球の上に

乗っかってるんだから

地球を壊すと

居場所が

なくなっちゃうんだよね

木村さんは

本の中でこんなことを書いています

~以下引用~

「科学的に合成された薬が

人体に及ぼす影響は

作物に対する科学肥料の効果と

酷似している気がします。

科学肥料を与えた作物は

確かに初期生育は良くなります。

ところが肥効切れという

現象が起きて肥料の力が無くなると

急激にその成長は止まってしまうのです

~中略~

薬も肥料や農薬も

日常的に使用するのではなく

どうしても困ったときの

非常手段として使うべきでは

ないのでしょうか。」

大地を破壊することは

人間の身体をぶっ壊すことにも

通じているんだよね

だって

大地で育ったものを

人は食べているんだもん

ここで思い出すのが

ヒポクラテスさんの

お言葉

「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」

「人間がありのままの自然体で

自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる」

にゃるほどね~

これで

アタシは

ますます

目に見えない世界に

どっぷり浸かっていきますわよ

目に見えないと言えば

東京農大キャンパスに

鳥居があって

小さなお社がありました

ちょうど

お掃除してる方がいらしたので

どんな神様が祭られているのか

うかがったところ

豊受の神様だそうで

食べ物の神様でした

さすがです(●´ω`●)

伊勢神宮の外宮にいる神様

簡単に言うと

天照大神のご飯を用意する神様

なんだな~

そうそう

東京農大は

榎本武揚が創設したって

知らなかったな~( ..)φメモメモ

いろいろ

見聞きして

ちょっと

賢くなった!

そんな気分の

一日でした(#^.^#)

東京都東大和市の整骨・整体 シエスタ 院長 宇山由紀恵

カテゴリー お知らせ, シエスタの日記 タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください